ホスティング・クラウド運用管理のディーネット
  • ディーネットのクラウド運用・管理サービス
  • ディーネットの専有サーバ
  • ディーネットの共有サーバ
  • サーバやネットワーク機器の運用、監視、保守サービス
  • Webサイト/CMS制作
お問合せ/ご相談 平日 9:00~18:00
HOME > お知らせ > 株式会社ディーネット、クラウドとオンプレミスの共存が可能なハイブリッドクラウドサービスVPManageServ. 提供を開始

株式会社ディーネット、クラウドとオンプレミスの共存が可能なハイブリッドクラウドサービスVPManageServ. 提供を開始

株式会社ディーネット(本社:大阪市中央区北浜2-6-11北浜エクセルビル5F)は、クラウドとオンプレミスの共存が可能なハイブリッドクラウドサービスVPManageServ.(以下VPMS)の提供を開始しました。

ディーネットは2015年6月より、ヴイエムウェア社のパートナープログラム「VMware vCloud Air Network」の認定サービスプロバイダとなっています。

VPManageServ.

VPMSの特徴
1.柔軟性
CPUやメモリ、追加ディスクなど要求性能に応じてサーバ選択が可能なインスタンス制を採用、サーバリソースの性能不足となった場合でも迅速にアップグレード可能な柔軟性を持ちます。

2.高可用性
プラットフォームはフェイルオーバ機構を備えた仮想化基盤を採用し、ネットワークも全て二重化、物理故障にも強い高い可用性を持ちます。

3.セキュリティ
マイクロセグメンテーション機能を備え、サーバ単位に制御可能なファイアウォールを標準搭載。プライベートネットワークの構成も自由自在で高いセキュリティ性を備えています。

4.リプレイス対策不要
仮想化プラットフォームによりサーバは仮想化しているため、物理サーバのようにハードウェアの老朽化の懸念が無くリプレイス要らずとなっています。

サービスを提供するディーネットは仮想マシンの立上げからOSミドルウェアの導入セットアップまで任せることが出来、日々の保守運用もセットとなります。耐障害性を備えたプラットフォームに、ヒアリングに基いてエンジニアがサーバを構築。専門スタッフが24時間365日、日々の保守監視運用まで行なうのが特徴です。さらに柔軟性を備えたプラットフォームにより、仮想マシンやネットワークの拡張が容易に出来るほか、必要に応じた無駄のない投資が可能で高いコストパフォーマンスを実現しています。

VPMSは3種類の運用プランを用意しています。1つ目は監視や保守運用も必要最低限に抑え、WindowsOSなどに向いたライトマネージドプラン。2つ目はインスタンス立上げ+当社テンプレートによるOS&ミドルウェアセットアップまで行ない、監視と保守運用も行なう、業務系・基幹系システムなどベーシックな利用に最適なフルマネージドプラン。最後にオーダーメイドでOS&ミドルウェアセットアップまで行ない、監視と保守運用も行なうフルマネージドプレミアムPLUS。このプランでは個別の対応が難しい要件にも応対します。

詳しくはVPMSのWebサイトで確認できます。
http://www.vpms.jp/


PAGETOP